きこりんの家で薪ストーブ生活

2011年冬から薪ストーブのある住林の家で暮らしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-26 [ Fri ]
1

直径3センチほどのじゃがいもみたいなもの

キノコ

ぽろっと取るとこんな感じ

2

においは全くない

これがもっと成長すると、脳天に小さな穴が開いて、頭の中がスカスカになって汽車ぽっぽのように胞子を噴出する

間違ってつまんだら、ぼふっ!と胞子をぶっかけられた・・・


こんなのはあるのにマツタケは無い・・・・


本当のマイ庭(林)にはこんな木があった

3

もみの木???

クリスマスの飾り付けしたら似合いそうな木が2本あった!

ひとつは小さくて(と言っても1.5mはありそう)、もう一本はまったく植え変えは無理そうな3m級・・・

でも形はいかにもクリスマスツリーって形をしているのは大きい方なんだよなー

かっこいいのになー

と、なぜか自分の林を見ながらため息


****************

次の記事は今の現場の様子と、トラブルの隣の木についての経過を限定記事にて書きます
スポンサーサイト
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010-09-23 [ Thu ]
我が家の敷地のこと

簡単に言うと、東西に長い長方形っぽい形(正確には完全な長方形ではない)

東側が高い傾斜地

西の端っこにちんまりと家を建設中

んで、いつも写真に「暗い奥地」として見えているのが東側の雑木林

そのままずーーーーっと山になっているのではないかと期待されるのだけど、実は雑木林の向こうには普通に道路があって、家が建ってる、いくつも

上の家たち(我が家では裏と呼んでるけど)はどれも豪邸・・・和風の古いお屋敷とかではなく、モダンな豪邸・・・

で、我が家の東側は実は元の所有者が建てたであろうブロック塀数段とフェンスという、柵がある

カマキリ男爵はそのフェンスで勤務中だった


今は季節的に雑木林が茂りまくっているので豪邸のその姿は見えないけど、冬になるとそれなりに透けて見えてくる

この写真はその上の道路から建築中我が家を見下ろした状態

2

写真中央の白っぽいところが現場なんだけけどねぇ・・・(笑)

この土地を検討・購入した頃は冬だったので、下まですかすかで下の道路まで見えてたんだけど、今見ると・・・(笑)

下の現場から上を見ても、最初は「林」、またはちょっと木が多いところ、程度に思ってたんだけど

今現在どう見ても「奥地」・・・もしくは「森」のようになっている


で、この前撮ったアケビじゃないかって写真は、東側の道路のフェンスから撮ったもので、フェンス内側はいきなり斜面なので収穫は不可能

写真を撮っている自分とはあまり変わらない高さなんだけど、アケビ自体は地面から2m以上上にある・・・


まぁ、かといって上からも下からもこの「奥地」に行くことは別に不可能でもないし、子供じゃないならざくざく踏み入ることは可能な程度(子供なら確実に下まで転げると思う(笑))

なので、いつかはハンモックで昼寝♪


ついでに、問題の桜の木

1

これは電柱が建った次の日の電柱のてっぺんを撮ったもの

天気が良かったから・・・

この写真を見ると、葉っぱに虫が食っている様子がない
今見るともっと虫食いだらけの葉っぱな感じ

この1週間程度の間に毛虫がついたなって感じみたい

そういえば、電柱を建てる時は地面に全然糞がなかったからなぁ

結構桜の枝、進入してるでしょ?写真の電柱の背面の分は全部我が敷地・・・
2010-09-01 [ Wed ]
生産さんから電話が来て、無事に工事進んでます、今日のこんな感じですという報告が来た

これから時々そんな電話の報告が来てくれるのかもしれない


ところで、着工合意署名捺印の時の雑談で、営業君と、出会いから、土地の話から今までの話をしてたんだけど

最初に営業君に、きこりんで建てることも考えている、土地がここだから、と土地の住所を連絡して土地を見に行ってもらった後、打ち合わせで

営業君は、いい土地ですねーとか、いい環境ですねー、とかいっぱい褒めてた

でも、当時私が買った土地は思いっきり雑木林

傾斜地でもあったから、むしろ山林

林って言うよりも森

うっそうとした森

住宅地の中にあるとはいえ、そこだけ森

土地自体も広かったのだが、隣の土地も同じ状況なので、結構大きな森という感じなってた


着工合意の時、伐採されて結構明るかったんだなー、と思ったんだよ、と私が言い、さらに、営業君も最初にあの土地見た時、やべーとか思ったでしょ?と聞いたら

・・はい(笑)、正直ここは・・・と思っちゃいました(笑)

って、ほんと正直にぶっちゃけてた

そーか、営業君と出会ってきこりんを候補に入れて土地を見てもらった時から伐採までの約数ヵ月間、ずっと「やべー」と思ってた土地のことをいつも褒めてたということか(笑)

営業という職業の人の口はうまくて、怖いよなー(笑)


私たちは正直で実直な(?)理系だから、口から生まれたような文系営業君にはころっとだまされるからなー、怖い怖いー、ハンコもらったら豹変するらしいからなー(笑)

とよく営業君をからかっていたのだけど、やっぱりそうだった


さすがに、着工合意のその場ではいじめなかったけど、今度このネタでいじめてやろうと思う


まぁ、誰に何と言われようと自分がほれ込んだ土地なのでいいんだけど


でも、営業君のことは好きなんだよ
憎めないかわいい子で


 | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

アイスウーマン

Author:アイスウーマン
理系夫婦2人暮らしの薪ストーブのあるきこりんの家での生活をつづります。
2011年2月に入居しました。
シースルー階段、薪ストーブ、ビルトインガレージ、シアタールームが特徴の家です。

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。