きこりんの家で薪ストーブ生活

2011年冬から薪ストーブのある住林の家で暮らしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-12 [ Fri ]
背後の雑木林が紅葉してきてとってもいい眺めになってきた

冬、春、夏の状態は見てきたので、秋の我が家の土地を見るのは初めて

すんごくかっこいいじゃないかと自画自賛♪

そんで、今ではこの雑木林にとっても合うかっこいい設計をしてくれた設計士さんを朝晩欠かさず拝んでおります(うそ)

でも、みなさんから別荘地の中の別荘風、と言われてすっかり図に乗っている私

土地にとけこんだ家、ということでふと最近思いだしたんだけど、そういえば相見積りをしていたSデンハウス

あの北欧住宅の

そこの営業さんはむっちゃくちゃこの土地を気に入ってくれてて、この環境にはわが社の家が絶対にすっごく似合います!!!!とほとんど毎回の打ち合わせで力説されてた

その時は枯れ木ばかりの寒々しい雑木林だったり(冬だったから)、ジャングルの密林のようだったり(春だったから)で、そんなにそこまでいい土地だと言われるほどのところではないと思っていたので、オーバーな営業トークだよなー、としか思っていなかったのだけど

正解!(笑)

多分、あの三角屋根の特徴的な窓の北欧住宅はきっと似合っただろうな、と思う


でもね、あの特徴的な360度回っちゃう3重の窓、最小幅がとても広い

相見積りの時に聞いてたけど、結構広かった

えぇ~、そんなに幅広いのぉ・・・と思ったぐらい
何センチだったのかは忘れたけど

ドラキュラにとってはそれは大き過ぎる窓だった

今の我が家の新居についているようなドラキュラ窓のようなのはできないって言われた


間取りの設計自体の魅力とか問題はその他いろいろあったけど、あの特徴のある窓がドラキュラには無理だったんだよなー


でも、Sデンハウスにしてたらもっと別荘度が上がってたと思う(笑)

住林さんには別荘風になんてことは一回も言ったことはなかったんだけど、設計士さんが土地を見てピンと来たんだろうねー

もし、50年後建てかえる時が来たら(ドラキュラは不死だし、笑)、今度はほんとにドラキュラ城みたいにしてもらおう(笑)

中はシンプルモダンで(笑)


*********

週末は大学の同窓会なので夫婦二人でお泊りに行きます♪
同じ大学出身だから一緒に参加できる

よい週末を
スポンサーサイト
2010-10-23 [ Sat ]
構造見学をお願いしたいと、先ほど営業君から電話があった

先輩のお客さんだけど・・・って

もう契約した人かな?これからの人かな?


とりあえず、

子供禁止だよ
絶対だよ

と言ったら、60歳代ぐらいのご夫婦だそうで

うん、それならいいやってことで


月曜日は晴れたら棟梁いないし、雨だったら棟梁いるし

どうなるんだろ


とりあえず、私もその見学会を見学に行っちゃおうと思う

やっぱちょっと心配だし


私たちは構造の見学はしたことがなかった

ショールームの見本と、パンフレットで十分だと思ったし


常識的な人だといいな

2010-09-29 [ Wed ]
しばらく養生期間で現場の動きがないので、昔のことやらの雑記を


相見積り時代、4社で始まり、実質的には1社はさっさと落選し3社でやってた

全部で2カ月近く相見積りをやってもらってたんだけど

そこで私と夫が決めたことがある

というよりも、人として当然なんだけど、相見積りの他社の情報は、他社には渡さない、見せない、喋らないということ

公平性が無くなるし、そこまで人間汚くなれない

そこは仁義ってやつでしょ

A社はこんな値段でした、とか、B社の設計図はこんなんです、とか、C社はこんなものをサービスしてくれましたとか、A社はこれができるのにそちらは?とか、とかとかとか

夫がもしこんなことを平気でできる人間だったらと思うとぞっとしただろう

別にわざわざそれはしちゃいけないよね、なんて確認しあうまでもなく、他社から聞かれてもそこは仁義ってやつですから答えません、と答えていた

どのメーカーでのプレゼンでもお互いポーカーフェイスというかすっとぼけて、へぇーへぇー、そーなんですかぁー、と聞いていた

反応に困るような場合は単に無口になったり

HMをからかったり、HMに横柄に出ても誰も得をしない、むしろ誰もがむかつくことになるだけだし、そこでムカつきもしないでいい気になるようなところが配偶者に見えたなら、結婚何年であっても確実に亀裂が入っただろうし、当然マイホーム計画なんて白紙だ

今も、私が営業君をチクチクといじめたとすると、夫は営業君を慰める役に出る、といった感じ

義務だ、仕事だ、当然だ、なんて言って大柄に出ている客を一度他社のショールームで見たことがある

すっごく大声を出して大柄な態度のおっさんには周囲は見えてなかっただろう

なんか、「頭悪いおっさん」としかうつらなかった


家づくりって、人間性が出るもんなんだなぁと思う



2010-09-16 [ Thu ]
週末の打ち合わせで、設計士さんから頼んであったエコ診断結果をもらった

エコ診断とは、風の設計ってやつ

提案した間取りにはどれだけの風が通り抜けるかって診断書

ついでに冷暖房の効きも

1

表紙はこんな感じ

全部で表紙を合わせて3枚

たいていは相見積りの時のツールとしてこんなものも出すらしんだけど、設計士さんいわく、営業君は人柄で仕事をするので・・・ということであまりこういった数字的なものは使わないらしい(笑)

だからか・・・こういうのも出せますとは全く言われなくて、全く知らなかったのは・・・

まぁ、まんまと営業君の人柄で決めてしまったのだけど(もちろんそれだけではないけど・・・笑)

土地をいろいろと迷っている人には、土地による風の抜けとか知ることができていいのかもしれない

我が家はもう土地ありきだったので、風の抜けを考慮するのは家の配置の時だったのかもしれない

それでも、駐車場の兼ね合いとかもあるから、風と駐車場とどちらを取るか・・・なんて問題になった時は駐車場を取ってただろうな

で、2枚目はこんな感じ

2

2枚目の一部なんだけど

我が家・・・南北の風は通るけど、東西の風は通らねー!!!(笑)

まぁ、この風の通り道ってのは、窓を全部全開にした場合の話なので、窓を開ける場所を変えると結果は違ってくるんだけどね

ちょっと笑ってしまった

実際のモノには、間取りがばばーんとあって、風の通る矢印とその量などが示してあるけど、全間取り公開はしないので・・・・ご了承を・・・


んで、3枚目は

3


こんな感じでこの3枚目こそがエコ診断カルテというものらしい

新省エネ基準と、次世代省エネ基準と、涼温房での冷暖房負荷の予測をしている

まぁ、涼温房がいかに頑張っているかってことを示したいわけなんだけど・・・

写真では字が読めないので、ちょっと説明をすると、新省エネは一番薄い色、涼温房は一番濃い色

塗りつぶし範囲が多いほど長時間冷暖房をしているということ

オレンジ系は暖房で、青色系は冷房

どーだ!という涼温房の効果を示したいのなら、本当なら、薄い色の上に、狭い範囲で濃い色の涼温房色がのっかるという感じなるはずなんだけど

我が家の場合・・・・暖房は少しは暖房使用時間は短いと判断できるけど、冷房については、涼温房でも歯が立ってないというか、涼温房の濃い色に薄い色が隠れてしまって、涼温房の方が冷房必要じゃねーのか?とすら思える(笑)

ということは、我が家は暑い家なのか??

日当たりは悪いはずなんだけど・・・・


次の折れ線グラフがあるグラフでは、冷暖房費の比較

冬季は結構差があるけど、夏期はほとんどないねー(笑)

全然「涼」じゃないじゃーん!!!(笑)

冷え症の私としてはいいんだろうと解釈しておきます
でも暑さにも弱いけど・・・

一番下は実際の冷暖房費の比較

冷房は4000円ぐらいしか下がらないけど、暖房費は半分以下になる数字


さて、今の賃貸は新省エネ基準なのか、それ以前のモノなのかは知らないけど、実際に住んで見てから楽しみ


でも、我が家、っていうか、夫は尋常じゃない冷房の使い方をするし、暖房もそうだし・・・で、ちゃんとした変化は分からないかも・・・そもそも薪ストーブだし
2010-08-25 [ Wed ]
地鎮祭に、営業君が持って来てくれたお酒

おさけ

ありがたく祭壇にお供えさせていただきました

敷地に撒いたお酒は、神主さんが用意してくれたものを使用(正確には神主さんのお母様が用意してくれた)


地縄確認の土曜日、現地での打ち合わせが終わった後は、緑化さんとの打ち合わせ

最初はいつものショールームでの打ち合わせのはずが、いろんなイベントがあってブースの予約が出来なかったとかで、営業君のテリトリーの展示場へ

展示場の玄関に置いてあった粗品のこんなものをもらっちゃった

ペンたて

木でできてて、書斎にいいかもなーと思って見てたら、夫が展示場のおねーさんにもらっていいか聞いてくれた

快くくれた

バンブーの床材が出来た記念に作ったもので、4,5年前の粗品らしい

展示場の物入れをさぐってたら出てきたとのこと(笑)

我が家はバンブーの床材はないし、書斎はチェリーなんだけど、まぁいいや

 | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

アイスウーマン

Author:アイスウーマン
理系夫婦2人暮らしの薪ストーブのあるきこりんの家での生活をつづります。
2011年2月に入居しました。
シースルー階段、薪ストーブ、ビルトインガレージ、シアタールームが特徴の家です。

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。