きこりんの家で薪ストーブ生活

2011年冬から薪ストーブのある住林の家で暮らしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-30 [ Thu ]
去年の今頃、お向かいと隣のクソガキたちのボール遊びや奇声の音がひどくってひどくって

さらに、ボールが我が家のサイディングの壁に激突したりとかが激しかった

裏の空き地ではジジと孫がボール遊びをして、やはり我が家の家の壁にボールがぶつかったりしたけど謝罪はないし、遊び疲れると我が家の敷地を通って、柵を乗り越えて帰宅してた・・・あの防犯砂利をじゃりじゃりとさんざん歩いてだ・・・考えられない

その後、そこにはあの工事用の赤いコーンをいくつも置いて、さらにコーンとコーンとの間にバーつけて、通り抜け禁止の看板もぶら下げてなんとか収まった

窓から通り抜けをにらんで目が会ったぐらいでもダメ、ここまであからさまに防止策をしないとだめな近所なのだ、しかも子供だけじゃなく、大人ごと

冬休み中は特にひどかった

朝は7時ごろにはもうボールのバンバンという音が聞こえ、朝、昼、夕方とちゃんと一日3回各1位時間以上も続く・・・

植木の枝は折れ、植木鉢は倒れて、下手したら窓ガラスが割れるんじゃないかってぐらい壁にもボールが当たり、それでもすべて謝罪はない

庭に出ていっても逃げるだけ

しかも、目に見えている隣やお向かいの家に逃げるだけ・・・わかんないところに逃げろよ(笑)

しょぼい1枚ガラスの窓だからっていうのもあるんだろうけど、騒音はひどかった
今もお向かいの工事の音はそれなりにうるさいし

お向かい側の南に向いている掃き出し窓はすべてシャッターを閉じ、お隣側の東側の窓も一部シャッターを閉め、騒音に少しでも効果があるといいなと思った

おかげで、窓のすべてがシャッターが閉じている部屋もある(私の書斎)、夫の部屋も半分はシャッターが閉まっている

寝室は西の窓だけしか窓じゃないという状態

今の家の方が異様なドラキュラ館みたい


大家さんにもせめて朝早くからはやめてくれ、休み中はせめて9時ごろまでは静かに過ごしたいと苦情を言ってもらったけど、ほとんど効果はなかった

子供がやってしまうこと、ではなく、この近所の大人ごと全部が常識がおかしいのだから、子供がああなのは、大人もああだから

さらには、近所の人たちが使っている月極め駐車場で野球までやる始末

大家さんだけはこっちの言分を理解して気を使ってくれる人だったんだけど・・・


専業主婦になってから家で過ごす時間が増え、近所の騒音問題にはずっと悩まされて来て、夫に愚痴っぽくなってた

引っ越すことも考えたが、今以上の物件はまずないことも知ってた

普通なら不動産屋さんの内部で消化するような超好物件だったのが、たまたま不動産屋さんのスタッフ全員が引っ越したばかりで身動きできない状態でまわってきた物件だった

実際に、賃貸情報見ても互角の物件なんて全くない


年開けて、それでもまだまだ続く騒音、ガキどもの年齢を考えても、今後数年、長かったら10年はこの騒音はやむこともないばかりか、どんどん力強い音になっていくことも簡単に想像できた

夫に、家を買おう、この家のこんなところ(近所問題以外)がもう我慢できない、と説得した

夫は騒音時間に家にいることもほとんどなく、休みの時も爆音で映画などを見ているので気にならないらしい

私は嫌だ

このままではいつか近所に地雷をしかける、毒薬を散布する、高圧電線を張り巡らすぞ、と夫を説得した

年明けから、真剣にネットやチラシでの土地情報を見るようになった

1月から2月初旬ごろまでは、どうにもいいものはなく、自分たちが考える広さと場所が満足するような物件なんてないってことを痛感した

あとは「土地」や「土地購入」のカテゴリを読んでいただければわかるんだけど、その後、驚くことに自分たちにとってとってもいい土地がたまたま見つかった

購入方法からしてやや特殊だったけど、別荘地風な場所を確保でき、それからは毎週毎週の相見積り打ち合わせにへとへととなりながらすみりんに落ち着き、ここまでやってきた

ほとんど丸1年経つんだなーって、しみじみ


この1年間、ほんと近所問題には我慢し続けた

日に日にひどくなっていったような気がする
土地を購入して、出ていくことが本決まりになっても時々耐えきれないような時があった

そして、お向かいの増改築の工事も加わって、さらに状況は悪化した

大家さんは本当にいい人だった、でもここはひどすぎる

いや、ここが住みやすいという人もいるんだろうけど、私ではなかった


こんなところが日本の縮図じゃないといいんだけど、と思うんだけど、どうなんだろう

新居の近所はとても良さそうだから、早く忘れたい


ところで、今のところに引っ越す時に近所について下調べをしなかったのか?って

アパートなどの賃貸では密接にくっついているので近所も気になるところだけど、普通の、本当に一件普通の田舎の住宅地だったので油断した

見るからに危険そうなヤンキー一家みたいな影も見えなかったし、ゴミ屋敷もなければ、変な宗教っぽい影も見えなかった

お互いわりと都会の出身だったから、田舎がこんな状態だってこと知らなかったのかもしれない

今だったら誰にでも忠告できる、田舎の閉鎖的非常識には気をつけろって

ほんと賃貸で良かった、ここは

こんなところ、買ってなくてよかった



大家さん自身も、月極め駐車場向こうのお宅のピアノの騒音がひどい・・・と言っていた

我が家になるとほとんど聞こえなくなりのだけど、夜10時以降に帰宅しても駐車場からよく聞こえてたピアノの音、気にはなってたけど、やっぱりそんな集落なんだよなー・・・

大家さんとこは、大家さん夫婦だけが暮らしている、我が家も夫婦だけの世帯

夫婦だけ(大人だけ)の世帯は、ほんとファミリー世帯のやりたい放題を我慢させられている・・・という感じだなーって思った・・・

休日のショッピングモールのあり方が丸でそのまま住宅街になったような・・・いや、住宅街でもあり方がそのままショッピングモールに出ているというか・・・


雑感というか、今年を振り返ってというか、愚痴というか・・・
スポンサーサイト

 | HOME |  »

2010-12

プロフィール

アイスウーマン

Author:アイスウーマン
理系夫婦2人暮らしの薪ストーブのあるきこりんの家での生活をつづります。
2011年2月に入居しました。
シースルー階段、薪ストーブ、ビルトインガレージ、シアタールームが特徴の家です。

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。