きこりんの家で薪ストーブ生活

2011年冬から薪ストーブのある住林の家で暮らしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-07 [ Tue ]
毎日快適薪ストーブ生活を送っていますが、週末遅く起きた朝などはめんどくさくなってとりあえずエアコンをつけて暖かくして朝食を食べて、それから薪ストーブ点火、なんてことをやる時もあります(火が消えてて焚きつけがすぐにできなさそうな状態になっている時)

とはいえ、こんなことは1シーズンに数回程度です
(理由は私が起床する頃には夫が餓死寸前なので仕方がなくという感じです)

で、このエアコンと薪ストーブ、決して同時には使えないもんなんですが(いや、やろうと思えばできるかもしれないけど薪ストーブ持ちなら絶対にやらないはず)

エアコンを消して数時間たっても、かなり要注意もんだということを痛感してしまいました

エアコン仕組み上、なぜそうなるのかイマイチ納得がいかないのですが、「エアコンは高気密住宅の室内空気をかなり少なくする」みたいでこれが大問題

普通に暮らしていれば空気の量なんて気にならない程度で、いかにも窒息死そう!なんてことは感じません

でも、木を燃焼させるという状況においてはこの空気量が大問題に

もちろん、薪ストーブ用の吸気口はあって、いつも全開にしてます
それでもエアコンの空気減らし力は強力

24時間換気に関してはほとんど問題ないみたい


冬は夫の部屋以外はほとんどエアコンは使わない我が家、何日も薪ストーブだけで生活している状態でも、最初の焚きつけの時には通常運転時よりも多めに空気があった方がいいので、薪ストーブの近くの窓を数センチと、ちょっと離れた窓を数センチ開けときます

薪ストーブって、炉内は基本的に密閉空間で、薪ストーブ本体の空気穴と煙突への燃やす熱の上昇気流でなりたっている

焚きつけの時には炉内に空気がいっぱい送られないとだめなんだけど、上昇気流という空気の流れが起きないと空気を吸い込んでくれるわけではないので、この時部屋の空気量が十分にあるかどうかが重要になる

空気が動かないよどんだ状態だから

空気が少ない状態でよどんでいるか、空気が十分な状態でよどんでいるかの違い

この時の空気が少ない、多いは人じゃ感じることができない程度だけど、木の燃焼には十分な違いになるようで


エアコンを使ってた空間というのは、この空気量がものすごく少ない

どんな状態かというと、着火剤(どんだけ風は吹いても消えないという感じのもの)に火をつけても消えていってしまうほど

先週末、これを忘れてて、というか甘く見てしまって、久々に部屋中に煙を充満させてしまった(先シーズンの超初心者の時は良い焚きつけ材の確保もイマイチでよく煙臭くしてた)

焚きつけにと小さな木を組んで着火剤を置いて火をつけたら、火はついて少し木をくすぶらせたんだけど、ファイヤー!にならない

これが最悪で、木から煙だけが出る状態

今シーズンでは全くと言っていいほどない、全然煙が部屋に漏れないようなうまい焚きつけができるのに、いつもの通りやったら、なぜか火がどんどん消えていき、代わりに不完全燃焼の臭い煙がぶわーーーーー!っと最悪な状態に

まだ煙感知器が作動しなかっただけ良かったけど(そうなる前に窓全開にして、うちわで炉内をあおいで強制送風をした)

こういう症状の時は木が湿っているか、空気が少ないかのどちらか

普通なら、焚きつけの際の窓開けも5分もあれば十分ですぐ閉めても大丈夫なんだけど、この時は30分近く開けてた

エアコンを使用した後、薪ストーブをつけたい場合はあちこちの窓を全開にして30分ぐらい家の中に空気を仕入れないと大変なことになる、と実感した

こんなんでは、エアコンの「とりあえずすぐに暖かく」の利点はあるのだろうか?とさえ思ってしまう
ディメリットの方が多すぎ


そんなこんなで、エアコンのは薪ストーブの敵だな、と思ってしまった(笑)

でも夏はそれなりに頼りにして生活してるんですが・・・


ちなみに、煙臭くなってしまった部屋は24時間換気のおかげで2,3時間以内には臭いは無くなります


エアコンを使用の方、空気足りてますか?(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://icewoman10.blog134.fc2.com/tb.php/490-684a5541

 | HOME | 

2018-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

アイスウーマン

Author:アイスウーマン
理系夫婦2人暮らしの薪ストーブのあるきこりんの家での生活をつづります。
2011年2月に入居しました。
シースルー階段、薪ストーブ、ビルトインガレージ、シアタールームが特徴の家です。

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。