きこりんの家で薪ストーブ生活

2011年冬から薪ストーブのある住林の家で暮らしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-05 [ Sun ]
詳しくは書けないけど、我が家の外構の一部が近所の子供のボール遊びによって破損していることがよくあった

現場を押さえたわけではないので、どこの誰がやったのかは確信は持てなかったのだけど、まぁこの家の息子だろうというのは分かっていた

気づいた時に自分なりに素人修理をしていたけど、これってもしもっと本格的に壊れたら外構は結構高くつなぁ、とそろそろ根本的解決をしようと考えてた

連休中に夫に相談した

貼り紙をしていいかなーって
ボールを当てないでくださいって書いて貼ってイイかなー?って

なんせ新参者で、豪邸街に分不相応な感じの私たちなので、豪邸街の住民さんにケンカを売っているようにはならないかなーってウジウジ悩んでいた

夫はこれ以上やられると外構修理が高くつく、ということでようやく真剣に考え、いいんじゃないかっていうことだった

家に余っていたプラ板にマジックで手書きで、ボールを当てないでね、と優しい口調で書いた(夫の気づかい)

休みの日の午後、落ち葉を掃く私の周りをチャリンコでうろうろしてじゃれる夫、そのついでに貼り紙をした

正確に言うとプラ板を針金で括りつけたんだけど

そしたら数時間後に、庭で薪棚の整理をしていた私に、問題の息子とそのお母さんである奥さんが訪ねてきた

貼り紙を見て息子に聞いたらやっていたと言ったのでお詫びに来たって

やめてくれればいいので、こちらこそ誰がやったのか確信がなかったのでさらしものみたいにして申し訳なかった

こんなに早く反応が来るとは思わなかった
そして素直に解決して驚いた

すぐに貼り紙をさげます!こちらこそすみませんすみませんすみませんすみまんせん・・・ってな感じになった

んで、手土産?お詫びのお菓子までもらってしまった
この数時間の間にデパートなどに買いに走ったの??

受け取れないからって辞退しまくったんだけど、受け取るまで許してくれない感じだったので、ほんっとーーーーーに申し訳ないけど、受け取ってしまった

本当に、お詫びのお菓子を持って、息子(小学校4年生ぐらい?)の後頭部に手を当ててごめんなさいをさせて、息子の手から大菓子を渡させて・・・とする状況をドラマ以外で初めて見た

旧居とは大違いすぎた
真反対と言ってもいい

住民の意識ってやはり地域差があるのね・・・


貼り紙はもちろんその後すぐに撤去しに行った


この前のシーズンのドラマにあった、高級住宅街でのいじめ、そんなもんはかけらも存在しないみたい



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://icewoman10.blog134.fc2.com/tb.php/577-2bca728c

 | HOME | 

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

アイスウーマン

Author:アイスウーマン
理系夫婦2人暮らしの薪ストーブのあるきこりんの家での生活をつづります。
2011年2月に入居しました。
シースルー階段、薪ストーブ、ビルトインガレージ、シアタールームが特徴の家です。

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。